Bonvenon al la Kagoŝima Esperanto-Societo. 鹿児島エス会へようこそ! Aliĝu al "kes-amiko" per lineo por ĉiutaga lernado.

sassa14

第14課 形容詞・動詞不定形・母音省略法

1 まず、文法のまとめをしっかり読みます。43ページ

 形容詞の語尾は -a、動詞の不定法語尾は-i。
 名詞語尾の-oを-‘のように省略できます。そのやり方。

2 「まずは読んでみよう」43ページ

 QRコードをスキャンして、なんども聞いてみます。
 そのうち、声をそろえて読めるようにします。
 (QRコードがない0.4版をお持ちなら、
  http://esperas.info/datao/sassa/sassa_14.mp3
 にアクセスします)

  1. Pasis multaj semajnoj.
  2. Ironiaj rimarkoj de mia patrino.
  3. Mi admiris la gramatikan simplecon.
  4. Mi legis kelkajn librojn kaj poemojn.
  5. Vi povos iam verki perfektan poemon.
  6. Li longe ne tuŝis la plumon por skribi leteron.
  7. Esperanto bezonas homojn kaj korojn talentajn.
  8. Ĉiuj parolis apartan lingvon.
  9. Kio disigis la homan familion?
  10. Tio ĉi turmentis mian infanan animon.
  11. Mi forĵetis diversajn infanajn utopiojn.
  12. Germanan kaj francan lingvojn mi lernadis.
  13. Ĝin mi jam multajn fojojn vidis.
  14. La sinjoro komencis laboradi en ĉi tiu direkto.
  15. Mi vagis sur dorna la voj’.

3 「読みと意味」44〜46ページ

 説明をしっかり読んで理解します。
 カタカナで書いてある発音を参考にしながら、自分でも読んでみます。

4 日本語からエスペラントに直す

 読み慣れて、意味も同時に理解できるようになったら、
 最後に日本語からエスペラントに直してみましょう。
 ここまでできたら完璧です。

  1. たくさんの週が過ぎた。
  2. わたしの母の皮肉な評価。
  3. わたしは文法的な簡単さに驚きました。
  4. わたしはいくつかの本と詩を読んだ。
  5. 君はいつか完璧な詩を書けるだろう。
  6. 彼は長いこと手紙を書くためにペンに触れなかった。
  7. エスペラントは才能ある人と心を必要としている。
  8. みんなが別の言語を話していました。
  9. 何が人間の家族を分けたのか?
  10. これがわたしの子供の魂を苦しめました。
  11. わたしはいろいろな子供っぽいユートピアを投げ捨てました。
  12. ドイツ語とフランス語をわたしは習っていた。
  13. それをわたしはもう何度も見ていた。
  14. そのお方はこの方面で働き始めた。
  15. わたしはいばらの道をさまよった。
     【129ページからの付録練習で、(46)以下の数字の問題も解いてみよう】

戻る

公開 2018-07-11T16:40

a:42 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional